中折れは漢方の力で治すこともできる

人間がお金をたくさん持っていたら、家、車、装飾品などを買います
が、それと同時に男だったらやっぱりセックスに対する情熱が湧く
のは当然ですね。特に男は勃起して最後まで射精できる年齢に限界
があるし、勃起しても中折れするのは目に見えているから、おじさん
は愛人を作ることしか考えていません。
不倫スキャンダルなんて、そこらへんに転がっているから、決して
珍しいことではありません。
今と昔ではセックス事情は変化しており、EDや中折れに対する対策
も当然進んでいます。
なにしろ、今の男性熟年層は金に糸目をつけずに若い女を探すのに
必死ですから。
EDですか?そうですね。
漢方薬というのは西洋医学と違って身体能力を治す力があります。
つまり、性機能に関していえば腎臓が問題です。
腎臓が良ければ、性交渉の能力も格段に上がります。
これは、男性も女性も同じです。
漢方と西洋医学の違いは万人に効果があるかどうかです。
漢方は、人それぞれの状態によって薬を調合するのです。
しかも、医師によっても考え方が異なっているのです。
ひとつ気を付けなければいけないのは、西洋医学の薬には身体に
副作用を与える可能性もあるということです。
漢方にはまったく副作用がないとはいえませんがその確率は
かなり低くなります。
重要なことは、男性機能が衰えてきたときに、それだけを治療する
のではないということです。
身体全体の健康状態のレベルを上げてから性機能に関する治療を
行うのです。
ですから、中折れの問題やEDの兆候が出たら漢方の内科へ行きます。

中折れ治療最高の施設が整ったクリニック開業

西洋で使用されている薬や医学の欠点は副作用があるということです。
たとえば、夜になかなか眠れない時になど、睡眠薬や精神安定剤
などを服用すれば、確実に眠れるでしょう。
しかし、長期間にわたって飲んでいると肝臓がいかれてしまったり、
高年齢者には意識を失ったりすることもあります。
一つの病気が解決したら、次の問題が出てくるのが西洋医学の薬なの
ですね。
しかしながら、漢方薬が万能薬としての役割を果たすかといえば
そうでもありません。
だから、身体に障害が発生したら、病院へ行って検査をしてもらう
はずです。
血液検査、レントゲン、心電図、エコーなどの最新の医療技術を
使って検査をします。
その検査結果を見ながら漢方医が診断を始めます。
まず、目、皮膚、口を直接見て脈をとります。
たいていは、脈をとれば患者さんの身体の状態を把握できるみたいです。
漢方治療とは西洋的治療のようにバイアグラを処方して終了と
いうものではないということです。
優れた漢方医に薬を処方してもらうことが何よりも重要ですが、いった
いどうすれば良いのかがこれからの課題です。
上海に在住している富裕層は自分で優秀な漢方の医者を探して
いるのです。
しかし、問題点はある人にとっては良い医者が、他の医者にとっても
そうかというと必ずしもそうではないということです。
患者と医師の相性が漢方医学にとっては重要視されています。
男性器機能のクリニックが開業されるそうですが、中東やヨーロッパ
、アメリカの大金持ちがターゲットになるそうです。

ED・中折れの実情に詳しい医師の役割

EDの実情に詳しい医師がおり、中折れに関する著作も多数ある有名な
人です。
男性機能回復のために第一線で活躍されている医師でもあり、話し方
も控え目で静かで、知的な風貌が垣間見えます。
大病院の男性科を担当していて、その中に泌尿器科も入っています。
その男性科を訪ねる患者の3割がEDの問題を抱えています。
この医師は基本的には漢方薬を処方するみたいです。
80年代には中折れやEDに関することを相談するのは回避する人が多かったのですけど、今では気楽に相談する患者さんが多数います。
年齢も若い男から中高年または老年に方まで千差万別ですね。
勃起しないのはとにかく原因を調査して、そのペニス機能を回復
させることです。
それと心のケアも大事ですね。
疾病が見つかったら薬を処方します。
ただし、即効性はないので、バイアグラのような薬ではありません。
そんなものではなくて、腎機能や前立腺などの根本的な問題を治療
するわけです。
ですから患者に対して個別的に漢方薬を処方します。
また、市販のED薬を処方することもあります。
値段は1か月に4000円くらいですから治療を続けることができますね。
薬だけでなく他の治療方法もありますのでそちらもおすすめです。
特に心理的かカウンセリングに重点を置いています。
現代の社会では、誤った性知識があふれているように見えますが、
実は性の知識が不足しているのです。
正確な性の知識を教育されていないのと、アダルトビデオをお手本に
オナニーをしてしまう若い人が多いです。

正しいセックスとオナニーをやって中折れを防ぐ

アダルトビデオは主に日本製や欧米系の作品が手に入ります。
それを見ながらマスターベーションをするとEDになる男性も中に
はいます。
中国の上海でもED患者は確実に増加しています。
心因性のEDになってクリニックへ相談しにくる若者も多いです。
仕事でのストレスや初めての女性とのセックスで失敗したなどの理由
で来るのです。
オナニーのやり方が分からない患者には正しい方法を指導します。
計画的に出産するためにも正しいセックス方法をぜひ知っておく
必要があります。
DVDの教材もありますので必要なら販売しています。
そうですね、ED治療の効果ということになると50%が成功している
感覚ですね。
バイアグラを使えば即効性はあるのですが、保険がきかないので
すべて自費です。
漢方薬と比べると明らかに高額なのです。
私のクリニックでは外国人の患者はあまりいません。おそらく言葉
の問題があるのでコミュニケーションがとりにくいのでしょう。
とにかくも患者の人数が多すぎて予約を取るのもたいへんなのが現状で
口コミでも良いと評判なのですよ。
一人当たりの診察時間は約10分にしています。
いかに診察室が混んでいるか想像できるかと思います。
ED治療に関しては、金額の点では漢方薬が安く、一般人でも容易に手の
届く範囲ですが、治癒の確率は5割です。
一方でバイアグラはそれに比べると治癒率ははるかに高いのです。
そもそも正しいセックスとはこの世界に存在するのか疑問が残って
いるのでDVDを見てみたい気持ちです。

 睾丸マッサージで中折れを改善する

タイにEDの事を調べに行ってみることにしました。
この国は同性愛者の天国であり、性に関してはかなり開かれています。
タイではED治療には睾丸マッサージが盛んに行われているみたいです。
勃起不全の悩みを持っている男性はまっさきに睾丸マッサージにかけ
こむそうです。
睾丸マッサージの効果は、EDの男性でもセックスすることが可能と
なるくらい絶大です。もちろん中折れする男性もマッサージを受ける
ことにより射精するまで挿入可能になります。
また、睾丸マッサージを受けるとペニスが勃起してどうしようもなく
て、性欲が高まり女性とやりたくてしかたがない状態になります。
睾丸マッサージのいいところは、手術や薬に頼るより安全性が高い
ことなのです。
ボーイフレンドがED気味でサプリメントを飲んでも勃起しないなら
マッサージをするしかないかもしれません。
睾丸マッサージはさらに、やり方さえ身に付ければ、金銭的にも
安上がりで、バイアグラのように副作用もありません。
セックスに付加価値がついて有効な中折れ治療であります。
男性器に直接触って滞りをほぐす治療であるし、性器に触れるのは
前戯で普通に行っている人もたくさんいます。
タイの伝統的な医療では、ストレスや疲れが身体にたまると、その
ストレス物質が生殖器に関係する脈管に蓄積するそうです。
そのことが勃起不全や中折れを引き起こすようです。

若者はED(中折れ)の話題はほとんどしない

EDですか?いや、自分が知っている限り、勃起不全で悩んでいる人
なんて一人もいませんよ。
最初からきっぱり否定しました。
今まで友人の間で、EDや中折れサプリのことを話題にしたこと男を一人も
知らないらしいのですよ。
60代や70代の男性なら、そうした問題が起きるかもしれませんけど
若者の間ではEDよりも、どうやったら女の子にモテるのかとか、
芸能人の話だったり、ファッションのこと、つまり、相手の女の子
を探すことの方がよっぽど大きな関心がありました。
もちろん異性にようやったら気に入られるかの話題は酒の席で出たり
はしますが、「EDなんて聞いたことがないよ」と若い男性は話して
ました。
つまり、男性は身体の問題で勃起不全になる人が多いのではないでしょうかね。
精神状態というより、健康の問題という理由ですね。
では、熟年から老人世代ではそういう話題が出るのかと聞いたら、
年上の人に若者が性的な質問はしないそうです。
それは失礼にあたります。
老人の性生活については、今の若い世代の方ははっきりは知らない
と思います。
ただ、若い世代の性に関する認識が変化してきているのは事実です。
1970年代から1980年代にかけては建前としたは、結婚前に男女が
性の関係になるのはいけないと言われてきました。また、それはたい
へん恥ずかしいことでもありました。
しかし、それ以降は次第に開放的になって、昔と比べると男女交際
はかなり自由になりました。

日本の男に中折れが多い理由とは

数十年前に大学の学生同士が同棲する恋愛ドラマができて、それから
は、同棲も普通なことになりました。
日本では草食系男子というのがいて、女性に興味を示さない若者が
多いのですが、海外でも草食男という言葉があるようで日本が起源に
なっているみたいです。
このような男性はシングルで、女性と付き合わないで、趣味に没頭
しているそうです。
しかし、草食男であるかどうかにかかわらず、現代社会では独身の
男性が増えてきているのです。
地方では早く結婚しますが、都市部ではなかなか結婚までいかない
のが現実です。
少しずつ若い世代の男性の意識が変化してきているのははっきりして
います。
また、女性もキャリア志向が強い場合には、結婚するのをためらう傾向
があるようです。
男にはマザコンが多いとも一部では言われています。
ママ・ボーイと呼ばれて、何かするにしても「ママが、ママが」と
いいます。
当然、結婚相手としては敬遠されます。
日本の男性にEDがいるのは「アダルトビデオの見すぎではないです
か?」と予想外の発言がありました。
「どうして?」と尋ねると、アジア諸国ではアダルトビデオというと
日本製という先入観があるみたいです。
そんな分野で日本の技術が進出していることなんて、まったく知り
ませんでした。
ましたや、アダルトビデオとEDの関係といわれたら、私の理解の範囲
を超えています。
しかし、そういえば、新婚の妻の相手をしないでアダルトビデオを
見てばかりいる旦那は少し考えものですね。
これは、いわゆるバーチャルの世界でしか性的興奮を求めない男性
が増えていることでもあります。

若い男が異性に関心がないのは中折れする不安から

今の若い男性は現実の女性よりもビデオやフィギュアの女のほうがよっぽど可愛いみたいです。
しかし、それは全体の人口からみれば、ほんのわずかの限られた男
たちだけだろうと思います。
日本のオバサンたちは、そう信じたいらしいですが、断言できるだけ
の資料や統計は持ち合わせていません。
また、日本のアダルトビデオは刺激が強すぎて、それを見て育ったら
現実での性行為が不可能になる気がします。
とりあえず、日本以外のアジアの国々では社会の表面に若者のEDが
表面化したいないという印象を持っています。
その点では、日本の方が、あちらこちらで勃起不全の治療の広告
などを見かけるし話題にもなっています。
海外と日本との差がこのあたりに見られるようです。
友人に日本に行ったことがあるか聞いてみたら、まだないという答え
でした。
あなたは、日本に来たら女性にきっとモテると教えてあげたら
彼は嬉しそうな恥ずかしそうか顔をしていました。
男はやはり異性に好かれたいですよね。
後から思ったのですが、彼の場合は日本に行かなくても、海外でも
じゅうぶんにモテるのだとうと思う。あれだけのルックスで、高収入、
高学歴、で独身だったら、女性が寄ってくるに違いない。
だから、コンプレックスもなくてEDとは無縁なのだともいえます。
たまたま彼の友人たちはそんな人種であって、勃起不全の経験が
ないのか、それとも本当にその国では中折れの経験のない若い男
が少ないのか、どちらなのかは、すぐに結論を出すのは難しい
でしょう。

出生率の低下は男性の中折れに関係がある

最近のこの国の出生率の低さに悩んでいるのは確かなのです。
低出産対応戦略会議とかいうものが開催されているので、事態は
深刻なのだと思います。
なにしろ、出産率は、70年代には一人の女性が4人以上産んでいた
のに、近年は1.19人で日本より少ない数字が出ています。
こうしたところを考えると、そこにEDの問題もあるような気がしてくる
のですが、このことに関してはもっと熱い激論を交わすべきだと思って
います。
東京に帰った時に、私の友人がすぐに連絡をくれました。
またしても話があると言ってきました。
まったく、彼女はよっぽど私を暇な女だと思っているみたいですね。
呼び出せば、すぐに出てくると思い込んでいるようです。
確かに、主婦というものは忙しいのですが、時間を作ろうとしたら
やりくりして何とかなるのも事実です。
特に、出勤時間があるのではないから残業もありません。
というわけで、翌日に、私は池袋で彼女と食事をする約束をしました。
もう1件、都心に出なければならない用事もありました。
海外のED事情の取材の報告をするつもりだったのに、またしても
彼女は私を見るなり先手を取って質問したきました。
「あなたさあ、あたしもう自信喪失したよ。男のことって、まったく
わからない」
そう言いながらも彼女の目はいきいきして輝いています。
還暦を過ぎた女に男がわからないと言っている気持ちがさっぱり
わからないね。
男なんて、どうせ初めから、わけのわからない動物なのだからね。
バリテイン

本命の彼が離婚を決意した!中折れが原因かもしれない!

「どうなった彼の元気のないペニスは?」
わたしが質問すると怒りはじめました。
「そんな下品な言い方はしないでほしいわ。現代社会では勃起不全
は珍しくないのよ。EDっていうのが自然なのよ。」
でも私が子供のときは、友達のお母さんなんか、旦那と喧嘩すると
この、ふにゃちん野郎め、中折れ男とか怒鳴っていたものでしたよ。
それは昔の話でしょ。それにはっきり言って下品だわ。
私が育った街では、そんな言葉を口にする人は誰もいなかったわね。
これは失礼しました。
どうせ私は育ちが悪いですよと嫌味のひとつもいいたかったが、
ぐっと我慢してそれ以上の反撃はしませんでした。
「それがさあ、今度はもう一人の彼の方なのよ」
彼女は優雅にグラスワインを口に運びながらしゃべりはじめました。
ほんとうによく酒を飲む女だと感心をしました。
彼は理想的な身体の関係のある男友達といえます。しかも、彼は
しつこく彼女に会いたいと迫ったりしません。
いつも彼女の都合を最優先にしてくれます。
彼は大企業の会長だから忙しいのだが、彼女のキャリアをじゅうぶんに
尊敬しています。
66歳なので、そのうち引退して特別顧問にでもなると思います。
彼女に言わせると身体に相性はいまいちなのだが、とにかく優しいし、
邪魔にならない、経済的にも余裕ということで、二番手も男として
キープしています。
彼は妻と不仲であると以前から公言しています。
そこが、本命の彼とは大きな違いです。